湘南に勝った

行けるかどうかギリギリまでわからなくて当日券になったんだけど、あのゴール裏の見づらさで当日券2900円は無い。ボッタクリもいいところ。見づらいスタジアムがあるのも、チケット代設定が強気すぎるスタジアムがあるのも、多様性を思えばアリだけど、その合わせ技はナシでしょ。そんなポリコレは許さない。BMWがリコールされてしまえばいいのにと思えてくるくらい酷いし、「何のためにクラブライセンス制度があるんだよ。」と、Jリーグに対して怒りさえ覚えてくる。そんなShonan BMW スタジアム 平塚でベルマーレに勝った。見づらさもクソ高ぇチケット代も許してないけど許すよ。

湘南ベルマーレ(17) 0-1 大分トリニータ(16)

5min. 鈴木義宜

 

最終ラインから繋ぎ倒そうとする片野坂スタイル、まだまだ攻撃そのものに効果的な場面は少ないものの、見ていてヒヤヒヤする場面が目に見えて減ってきました。まさかこんなにも早く上福元にも竹内にも鈴木にも福森にも安定感を覚えるようになるとは(笑)ボールをかっさらわれて失点する瞬間は、いずれ嫌でも訪れるでしょうが、その時が来ることも込みで作り上げようとしているところがいいですね。昨日は蹴りだすところでは蹴りだすことも出来ていたし、もっと使い分けができるようになると、ますます効果を発揮しそうです。

 

川西がいいですね。とにかくボールに絡もうとする。ボールを奪えなくても、相手の動きを一瞬でも遅らそうとするし、川西自らボールに触れば、そこで迷うことなくすぐさま走り出す。だから、あれだけ走り回ってるのにスペースをポッカリ空けてしまうという場面が少ない。本当は姫野にやってもらいたかった動きなんだけど、それが出来ないからこそのスタメン川西なわけで。1列上げたコテの攻撃センスを思えば、つなぎ役としての川西、組立役としての鈴木惇というコンビが今のところのダブルボランチの最適解でしょうか。

 

林が再びベンチを外れ、清本は今季絶望で、松本怜も離脱中、三平・山岸はフル稼働できない…と、そこまで楽なベンチ事情じゃないのに、それでもなんとかしてくれそうな雰囲気が今のチームにはあります。そんな中で湘南に勝ったという事実は、更にチームのモチベーションを上げてくれるはず。だから岩田はもっと勇気を出して縦に勝負するんだ。

 

そして昨日はなんといっても上福元。ラストのスーパーセーブを筆頭とする数々のスーパーセーブでなく、前半のPA外へ飛び出してボールをクリアした場面のような勇気あるプレーも素晴らしかった。高木からスタメンを奪ったのは、間違いなくあの勇気あってこそのものですね。ポゼッションの時もそうだけど、もうチームの中では古株なのに、あんなに強気で攻撃大好きな選手だとは、今年まで知らなかったよ。

f:id:planetes:20170422165858j:plain

f:id:planetes:20170422175727j:plain

f:id:planetes:20170422175742j:plain

f:id:planetes:20170422180005j:plain

f:id:planetes:20170422180148j:plain