そう言った矢先

もう片野坂サッカーの限界が見えてきた。

正確には今の面子で目指せる限界。

 

ボール保持率を高めるサッカーを目指すと、不思議なほど足下パスしかしない選手が出てきます。ポゼッションのためのポゼッションってやつですね。義務感なのかな?そうならないためには日々のトレーニングと瞬間的な発想しかないわけですが、愛媛戦においてそのどちらも窺えることはありませんでした。引いて守りを固めてきた愛媛の方が狭いスペースやゴール前での崩しにアイデア豊富だったってどういうわけ?

 

愛媛のやり方を見て、大分相手にはブロックを作って待ちに入れば怖くないと判断してくる対戦相手も今後増えることでしょう。バレちゃいましたから。中を固めてサイドで一瞬止めてしまえばもう怖くないって。ミス以外。林の試合後インタビューに危機感は滲んでいたけど、それと実際に克服できるかどうかは別問題。こうなると清本にレイチェルと言った、相手を剥がすプレーを選択できる選手の離脱がますます痛い。

 

まぁ、でも、まだ大丈夫です。まだ我慢できる。選手も監督もわかってるだろうし。ここから淡々と横パスを回すだけで、ボール保持率を誇るようになった時こそが末期。田坂末期の闇雲ロングボールが横パスに変わっただけだから。

 

そうならないと信じたいところだけど、昨日は林の同点ゴールが決まるまで「田坂と一緒じゃねえか!」と憤っていたので、またあんな地獄を見ないためにも、早めに不安を書き残しておきます。