ホンネを隠しすぎると心が死ぬ

トリニータのJ2復帰即J1への夢は叶わず。最終ラインから繋ぎたおし、何度もゴールに迫り、何度もサポーターを沸かせるも得点を奪えず。なまじ内容に自信があるからなのか、なぜかテンションは変わらぬまま刻一刻と時計は進み敵の一撃に沈む。そこから「もっ…

こんばんは。後藤優介がハットトリック達成する度に更新するブログです。 それはさておき、またハットトリックだよごっちゃん様。あれ以来ノーゴールだった男が、久しぶりにゴールを決めた試合でなんと再びハットトリック。なんという…(感涙) そんなに固め打…

今しか拝めぬ後藤優介

後藤さん。いや、後藤様。いよいよストライカーとしての凄みが出てきました。2点目の素晴らしさは言うに及ばず、1点目はそもそもあの場面で狙ったこと自体が素晴らしい。かつては綺麗にマークを外しての1対1でしかシュートを撃たない上に、そのシュートを相…

どんなに身体を張られても、その割にボールが収まらない、キープできないので、伊佐に1トップは厳しいという感想。林や三平ほどボールもらいに下りてこないので、シャドーやボランチも含めて自身のポジションを頑なに守ろうとする、監督が誰であるかにかかわ…

湘南に勝った

行けるかどうかギリギリまでわからなくて当日券になったんだけど、あのゴール裏の見づらさで当日券2900円は無い。ボッタクリもいいところ。見づらいスタジアムがあるのも、チケット代設定が強気すぎるスタジアムがあるのも、多様性を思えばアリだけど、その…

そう言った矢先

もう片野坂サッカーの限界が見えてきた。 正確には今の面子で目指せる限界。 ボール保持率を高めるサッカーを目指すと、不思議なほど足下パスしかしない選手が出てきます。ポゼッションのためのポゼッションってやつですね。義務感なのかな?そうならないた…

ふて寝し続けるのも疲れた

トリニータを見ていて「楽しい」という感覚が真っ先にくる状態がようやく帰ってきた。 「急がば回れ」ではない。全くムダな過程だったと思う。2014年、2015年の大分トリニータは大分トリニータであって大分トリニータではない真っ赤な嘘で塗り固められた醜悪…